大倉ホームで使う木材について

木造建築の家に使う木材は、強くて安心できるものを選ばなければいけません。

製材したばかりの木材は「未乾燥材・グリーン材・生木」などと呼ばれ

木材に含まれる水分が多く乾燥が始まると木材の変形(収縮)が始まります。

水分の多い木材は建築後に乾燥が始まるといたるところで変形や収縮が始まります。

木造建築の家の基本は木材。だから「乾燥材」を使います。

木造建築の見えない「骨組み」だからこそ、安心で強い木材を選ぶことが大切です。

大倉ホームでは、この「強い木材」である「乾燥材」を構造に使用しています。

よくあるご質問|構造・快適性

ページトップへ