CANVAS

CANVAS(キャンバス)

『高気密・高性能な家』を

2,000万円以内で提案する。

 

そう考えて作ってみると

シンプルで過ごしやすい家が出来ました。

 

 

 

 

  構造をシンプルに

『CANVAS』の構造はとてもシンプル。

その理由はスケルトン・インフィル構造にあります。

 

建物を支える柱や梁などの構造躯体と

間取りをつくる間仕切壁を分離した構造になっており

中心建物をで支える大黒柱以外の柱は

生活スタイルに合わせて変更することが可能です。

  

「子どもが小さいうちは大きな部屋で一緒に過ごして

成長してから部屋を作ろうかな。」

「将来的に夫婦2人で過ごすようになったら

部屋の間取りを変えて趣味部屋を作ろうかな。」

  

家での暮らしは、子育てだけでは終わりません。

『CANVAS』は、家族が生涯ずっと快適に

暮らしていくことを可能にした

可変性を持った家になります。

 

 

 

  

 耐震性と高気密性を備える

スケルトン・インフィル構造に必要な外周壁の強度を

確保するために『CANVAS』では耐力壁として

ハイベストウッドを採用しました。

 

施工面に優れ、環境にも優しく

通常の筋交い以上の壁倍率を有することが可能となり

建物に高い耐震性能を持たせることが出来ます。

※耐震等級3相当を確保

 

また断熱方法としては外断熱工法を採用しており

断熱材の繋ぎ目には大工職人の手で

丁寧な気密処理施工が行われます。

  

その他施工箇所にも全て入念な気密処理を行い

お引渡し前には必ず第三者機関による

気密測定検査を行います。

 

目標数値はC値=0.2㎠/㎡としており

既にお引渡しが完了したお宅での実績もあります。

 

 

 

  

快適な住環境を整える 

① 換気

画像

快適な住まいを作るために必要な事として

家の換気がよく取り上げられる時代となりました。

 

『CANVAS』では、24時間換気の方法として

ダクト式第一種熱交換型換気システムを採用しました。

  

これは各フロアに取り付けた給気口と排気口から

機械で計画・調整された換気を行うことで

24時間新鮮な空気が家の中を満たします。

  

また給気の際に機器本体で熱交換処理を行うことで

室内の温度と湿度の変化を抑えることが可能となり

夏冬の冷暖房コスト削減にも役立ちます。

 

 

 

 

② 窓サッシ

突然ですが、家の中で熱(エネルギー)が

一番出入りしやすい場所をご存知ですか。

 

 

正解は【窓】になります。

 

意外と知られていませんが、その割合は

年間を通して家全体の約60%!!

 

窓の性能が悪いと冷暖房の使用が増えてしまい

月々の光熱費が高くなる原因にもなります。

 

 『CANVAS』ではその問題を解決するために

高性能樹脂窓を標準採用しています。

 

【Low-E複層ガラス+樹脂サッシ】を採用することで

窓の断熱性を高め、冷暖房の光熱費を抑えることや

サッシ周辺への結露を抑えることが可能になります。

 

 

 

 

画像

 

~ CANVAS 仕様 ~

基 礎 : ベタ基礎 基礎高430mm

断 熱 : 外断熱工法(ネオマフォーム)

      ※基礎内、壁、屋根に施工

 窓  : 樹脂サッシ窓 Low-E複層ガラス

換 気 : ダクト式第一種熱交換型換気

 

建物価格:1,990万円~

※消費税、土地代、土地整備費、登記等の諸経費は別途。

 

建築で必要となる総額の詳細や、手続き等のご相談は

一度弊社までご相談下さいませ。

  

ページトップへ