大倉ホームの構造について

木造軸組工法

大倉ホームでは木造軸組工法で

家づくりをしています。

木造軸組工法は土台・柱・梁などの

軸を木材でつくる工法です。

日本の気候や風土に最も良く合い

設計の自由度が高いことが特徴です。

 

木造軸組工法図

剛床工法図(右図)

剛床工法は右図の構造となります。

根太工法は左図です。

従来の床工法とは

左図のように根太と呼ばれる

床板を支えるために渡す

角材を使用するものでした。

一方右図のように剛床工法とは

根太を使用せず

下地の合板を厚くし構造材に

直接留め付ける床組みの方法です。

根太レス工法とも呼ばれています。

剛床工法には、水平方向に対する力に強く

地震や台風によって

歪みにくいという利点を持っています。

従来の根太工法よりも高い耐力となります。

 外壁通気工法

外壁通気工法とは構造材と外壁材の間に

通気層をつくることによって

壁内の湿気を放出する工法です。

外壁下部より入った空気は

通気層を通って上昇して排出されます。

さらに通気層の内側に

透湿防水シートを施工し

外からの雨水の進入を防ぎます。

 

よくあるご質問|構造・快適性

ページトップへ